もくろぉずの商品紹介

初心者高専ブロガー

Logicool G810を使ってみた! 【キーボード】

どうも~!

部活の合宿明けでとてつもない疲労感に襲われているもくろぉずです!

 

昨日合宿から帰り、翌日はお昼までゆ~っくり寝てよう。。。

と思ったのですが、

()「ピーンポーン・・・」

(主)「はい。。。」 

(宅配便)「宅配便でぇ~ス」

(主)「(寝てたいのになんなんだよ。。。)」

そして、届いたものが・・・

でん!

 

f:id:mocros_alpha:20170811021024j:plain

 

おっと、、、じゃなくって。。。

こ、こっち!

f:id:mocros_alpha:20170811021135j:plain

 

そう!何かわからない箱です!!

・・・

届いた時はすっかり頼んでいた

キーボードのこと忘れてました。。。

ということで、

オーーープン!!

f:id:mocros_alpha:20170811021339j:plain

はい、届きました!

昨日は8/10。

そう!

LogicoolのG810です!!

前まで使っていたG510ですが、音量調節のダイアルが壊れてしまったため、新しく

G810をLogicoolさんに提供させていただきました。(保証期間3年って。。。スキ。)

まず、箱を開けるとまた箱が!(なんかとてつもなく高級そうな感じ!)

f:id:mocros_alpha:20170811042158j:plain

中の黒い箱を開けると~^!

とうとう本体のお出ましです!

f:id:mocros_alpha:20170811042306j:plain

まぁ、袋に入っちゃって~照れ屋さんなんだから~(白目)

f:id:mocros_alpha:20170811042340j:plain

おー!!

見た目じゃわからないのですが、思ってた以上に重量感があります。

(というか実際に結構重い。)

f:id:mocros_alpha:20170811042348j:plain

キー自体もマッドブラックでとてもクール!

f:id:mocros_alpha:20170811042350j:plain

G510sと比べてみると、キー自体の大きさに変化はなく、ただたんにマクロキーがなくなったということくらいですかね。

それと、モニターがなくなったこと。ヘッドセット3.5mmプラグがなくなったこと。

大まかな変更点はそれくらいです。

(どちらかというとG510sよりは高級感がありシンプルかも。)

 

それでは、G810を紹介していきましょう!!

 

スペック


製品名(日本語) : ロジクール G810 RGB メカニカル ゲーミング キーボード
製品名(英語) : Logicool® G810 RGB Mechanical Gaming Keyboard
型番 : G810
品番 : 920-007758
JANコード : 4943765043713
価格 : オープンプライス
ロジクールストア価格 : 20,750円(税抜)
発売予定日 : 2016年2月26日
保証期間 : 2年間
本体サイズ(幅×奥行×高さ) mm : 443.5×153×34.3
本体重量 g : 1180(ケーブル除く) 1230(ケーブル含む)
ケーブル長 cm : 180
カラー : ブラック
キーレイアウト : 108キー日本語レイアウト
キー構造/デザイン : メカニカル*
キーピッチ mm : 19
キーストローク mm : 3.0±0.2
押下圧 g : 45.0±20
⾓度調節機能 : 有
ショートカットキー : バックライトスイッチ、ミュート、再生/一時停止、停止、前のトラック、次のトラック、ボリュームダイヤル
ゲームモードキー : 有
複数キー同時押し : 対応(最大 26)
バックライト : 対応(RGBバックライト)
ソフトウェア : Logicool®ゲーミングソフトウェア、ARXコントロール モバイルアプリ(iOS/Android
その他機能 : 全キーアンチゴースト
必要システム : Windows® 10、8.1、8、 7、USB 2.0 ポート
接続I/F : USB

 

はーい、見てもわけわかめなので、使ってみて良い点・悪い点を教えます!

G810のここがいい!

①押し心地が押した感がある。

これに関しては人によって好みはありますが、自分の好みとしては

  • 押し心地が有る。
  • キーを押したときに音がする。
  • 押し心地に重量感がある
  • 高速タイピングができる

というとこですね。

まさにこのG810はROMER-Gというメカニカルキーを採用しており、従来のラバードームキーボードよりも耐久性に優れ、打鍵感や打鍵時のキーの反発力にも優れいています。(すみません。公式コピペです。。。)

 

さらに、テストで7000万回キーストロークテストにクリアーしてるんです!!!

すっごくないですか!!

f:id:mocros_alpha:20170811030550j:plain

②バックライト

ゲーミングPCといえばやっぱり装飾のキーバックライト。

今まで使用していたG510ですが、バックライトはつくもののキー個々でのライト変更はできませんでした。

f:id:mocros_alpha:20170811041113j:plainf:id:mocros_alpha:20170811041205j:plainこんなかんじ。

 

で・す・が!!!

なんと、G810は約1680万色の色を個々のキーライトをカスタマイズすることができるのです!すごすぎる!!!そして、様々なイルミネーションも可能です!

FPS・MMO・MOBA・DOTAなどなど!!

そして、イルミネーションではキーボードの個々に光るキーライトをフル活用し、

スターイルミネーションと言うものを楽しめたりします!

インテリアとしても十分活用できますね!

 

③デザイン性

やっぱりキーボードとはいってもデスク上に置き、使わないときでも外に出しっぱなしのもの。

インテリアとしても活躍しなくてはゲーミングデスクに花が咲きません。

しかし、G810なら大丈夫!

最初に紹介したように、キー・フレームはマッドブラックで、横は光沢感。重量感のある光沢プラスチック製となっています。

USBケーブルは生地調で、耐久性にも優れています。

そして、何と言っても先程紹介してたキーバックライト。

 

キーのLEDの光自体結構強いので、日中でもはっきりと色が見えます。


(キー電気をつけたくない場合は、キーにLEDの停止ボタンも付いています。)

f:id:mocros_alpha:20170811043744j:plain

↑電気をつけた状態でのイルミネーション

f:id:mocros_alpha:20170811042348j:plain

↑マッド調のキーボード

 

④コンパクトなボディ

やっぱり見た目ですよね。

コチラのキーボード、店舗で確認した際は、どちらかと言うと小さい方の部類でした。

そして実際の寸法は、

縦15cm×横44cm×高さ3.4cm(約)

となっています。 

結構小さいなぁ。。。G510sと比較しても一目瞭然ですね。

f:id:mocros_alpha:20170811042350j:plain

そして、何と言ってもこれは大切!。

3段階角度調整機能がついているんです!(0度も含む)

f:id:mocros_alpha:20170811044252j:plain

ゲーマーにとっては結構この調節機能がありがたかったりするんですよね~。

 

本当に何から何まで驚きと感心のあるキーボードです。

日本では2万円ちょっとで買えるみたいですね。

それでも高い。。。

その一方G510sはいまや1.4万買えてしまう。。。(絶版になったので新品はないかな。。。)

ときの流れは早いものですね。。。

 

今回このG810を一日使ってみて

良かった点。

・キーの押し心地がちゃんとある。

・キーが重め。

・でも、軽く押すだけでも、認識してくれる。

悪いと思った点。

・たまにLEDがバグを起こすことが有る。

(もう一度設定ウィザードを開くと治る。)

・オーディオジャックが無いのがちょっと不便

・マクロキーとF1~12が同じキーを使用。

 

これくらいですかね。

ゲーミングキーボードだからといって

ゲーマーのみが有利に使用できるわけではありません。

サラリーマンなどの日々パソコンと向き合い、カチカチするあなた!!

そう。そこのアナタです。

そんな人でも使える万能キーボード

ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!

 

 

←商品リンクは

                          コチラの写真をクリック!

 ↑Amazon

 

楽天

より詳しい商品紹介については公式ホームページをご確認ください!

http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g810-orion-spectrum-rgb-gaming-keyboa